【国際】「インド=魏」・「パキスタン=蜀」・「中国=呉」が繰り広げる「南アジア三国志」


1 :泥ン ★:2018/01/11(木) 03:36:38.78 ID:CAP_USER9.net
Twitterには3800万人のフォロワーがいるモディ首相
http://amd.c.yimg.jp/im_sigg0M7xkQJy0tVG6VGmia1_qA—x900-y581-q90-exp3h-pril/amd/20180107-00005641-bunshun-000-1-view.jpg
カーン党首は“パキスタンのイチロー”
http://amd.c.yimg.jp/im_siggIwDNEtebLm6W2TJQs.nZoA—x900-y614-q90-exp3h-pril/amd/20180107-00005641-bunshun-001-1-view.jpg

 南アジアで熾烈なパワーゲームが起きている。主要プレーヤーは、インド、中国、パキスタンだ。本稿ではこれら三国の関係を「三国志」に見立て、2018年に各国で何が起こり、いかなる相互作用が展開されていくかを示していくことにしたい。

 筆者はこの三国について、「インド=魏」「パキスタン=蜀」「中国=呉」と捉えている。魏は中国ではないのかという向きもあろうが、南アジアで他を圧倒するプレゼンスを持つという点ではインドがふさわしいと考える。

 パキスタンを蜀としたのは、「ムスリムのホームランド」を建設せんとインドと袂を分かって独立に踏み切ったことが、劉備が魏から離れて益州(現在の四川)の地に王朝を築こうとした経緯と重なるからだ。

 印パの相克をにらみながら着々と影響力を拡大しようとする中国は、魏蜀対立のなかで漁夫の利を得んとする呉ということになる。

2期目に向けた足場固めに注力するモディ首相――インド

 インドでは、ナレンドラ・モディ首相率いる「インド人民党」(BJP)政権が5月で発足から丸4年を迎える。早期解散の可能性はゼロではないが、安定政権なら5年の任期を全うすることが多いことから、次期総選挙は下院が任期を満了する2019年5月頃になりそうだ。したがって、2018年は2期目を狙うモディ首相がより盤石な態勢を築くための、いわば実績づくりのための1年となる。

 2014年5月の就任以来、モディ首相は高額紙幣廃止や全国統一間接税の導入など、大胆な改革を断行してきた。「三国志」のアナロジーなら、こうした果断ぶりは「インドの曹操」と言えるかもしれない。改革による刺激の強さゆえか、成長率は一時5.7%(2017年4〜6月)にまで落ち込んだが、堅調な個人消費にも支えられ、その後は6%台を回復。経済政策を評価して、ムーディーズは2017年11月にインド国債の格付けをワンランク引き上げている。

 巨大な連邦国家であるインドは州の権限が強いため、各地の州政権の動向が重要だ。2017年は人口2億2400万人のウッタル・プラデーシュ州や首相のお膝元グジャラート州などの議会選挙でBJPが勝利を収めた。一方、野党の足並みはそろっていない。特に、独立以来インド政治をリードしてきたインド国民会議派は、前回総選挙で大敗を喫してからというもの、党勢回復の目処が立っていない。

 2018年もIT拠点のベンガルールを擁するカルナータカ州や人口8100万人のマディヤ・プラデーシュ州など、重要州での議会選挙が予定されている。好調な経済をバックにこれらの州をBJPが制していくことができれば、次期総選挙での勝利を経て第2次モディ政権の発足がさらに現実味を増していくことになろう。

「クリケットの英雄」は首相の座を射止めるか――パキスタン

 インドに先がけて総選挙を迎えそうなのがパキスタンだ。シャヒド・カカーン・アバシ首相は2017年12月、投開票を2018年7月15日とする考えを表明。選挙まで半年あまりということで、各党の動きが慌ただしくなってきている。こうしたなか、国民的英雄で「パキスタン正義運動」(PTI)を率いるイムラン・カーン党首がどこまで旋風を巻き起こせるかが最大の焦点だ。

 現在65歳のカーン氏は元々クリケットのスター選手で、1992年のワールドカップでは主将としてパキスタン代表チームを初の優勝へと導くなど輝かしい実績を持つ、いわばイチローのような存在だ。甘いマスクも相まって、若者を中心に絶大な人気を誇っている。引退後に政治腐敗の一掃を掲げてPTIを立ち上げ、同党は2013年総選挙では野党第2党にまで議席を伸ばした。

 きたる総選挙は、カーン党首にとって正念場と言える。最大のライバルだったナワズ・シャリフ首相(当時)に「パナマ文書」がらみで疑惑が浮上し、2017年7月に失職したことは追い風だが、情勢は予断を許さない。現与党の「パキスタン・ムスリム連盟(ナワズ派)」は、シャリフ前首相を欠くものの、パキスタンで人口でも議席数でも約半分を占めるパンジャーブ州で支持があるからだ。この地盤にPTIが食い込んでいくことができれば、政権交代、そして「カーン首相」誕生の可能性が高まってくる。

続きはソース
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180107-00005641-bunshun-int

83 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 05:06:34.00 ID:+MSvBh7V0.net

鳩ぽっぽはなんて言っていたの?

162 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 08:38:13.34 ID:eytCCQsR0.net

水牛は食べるよ

104 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 05:39:20.76 ID:MpCjzPch0.net

>>84 AI化されて電脳海の中

69 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 04:43:44.32 ID:+MSvBh7V0.net

インドとイギリスがそっくりな程度には、インドと中国はそっくりだな。

34 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 04:03:57.44 ID:YetFKRt90.net

中国が呉っていうのはどう考えてもおかしいだろ

7 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 03:41:10.39 ID:3LAK+kME0.net

バングラデシュ「」

187 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 11:46:58.12 ID:sYm6MDqf0.net

中国に失礼だよ
世界3強は米中露だから、米露が比較相手

6 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 03:40:03.96 ID:uzU9tMuC0.net

くだらん。

200 :名無しさん@1周年:2018/01/11(木) 13:10:08.68 ID:+um+4kCP0.net

>>11見てう〜ん・・・って思って
>>44見てそれだと思った

239 :名無しさん@1周年:2018/01/12(金) 08:16:37.90 ID:nVJwAyib0.net

韓国「じゃあウリは晋でw司馬懿でいいわw」